強い冬型は危険,じゃあ弱い冬型は大丈夫なのか?


冬型の気圧配置って言ったら,日本付近の気圧配置が大陸に高気圧があって日本の東海上に低気圧があって「西高東低」になってることですよね.強い冬型って言ったら,その間で気圧傾度が大きく,地上天気図で見ると縦縞で等圧線が何本も走っている…そんな感じですよね.下の天気図だけで言うと,左が「強い冬型」で分かり易く危険な匂いがします.では,右側はどうでしょうか?等圧線の間隔が開き,風もそんなに強くなさそう,一見すると左の天気図に比べて平和な,危険な匂いがしない…そんな感じがしませんか?

SPAS_17_0115_0300SPAS_17_0113_0900

実際,左の天気図での日は寒気が強く,西日本~東海地方にかけても広く積雪した日なんです.では右側の天気図は?山陰~北陸で大雪,しかも新潟県の高田という街中で日降水量124mm,日降雪量34cm,1月の1位を記録した日です.

等圧線の本数を数えて,危険さを伝えるのもいいけど,そればっかりだと広く「等圧線が縦に並んで線が多い時は危険,少ない時は大丈夫」みたいに広がってしまいませんか?そして,右の天気図のパターンの時の注意喚起が緩すぎると思うんですよ.

確かに,強い冬型の気圧配置は危険です.「強い」っていう言葉のパワーが強いから,どうしてもそちらに意識がいってしまうけど,「強い寒気」=「強い冬型」ではないし,強くない寒気=大したことない,でもありません.

等圧線の数だけでなくその形にも注目して様々な天気図を見ていかなければ,どこでたくさん雪が降るのか?どこで暴風が吹くのか?その都度違って,それを注意喚起できなければ,「予報」ではないですよね.

<てんコロ.のラジオっぽいTV!1548(強い冬型が厳しいのは当然だが,弱い冬型は平和なのか?)>

************************************************

<Team SABOTEN気象予報士模擬試験>

第11回までの気象予報士模擬試験を販売しています.ちょっと前から,セット販売も始めました.その名も「合格祈願福袋」です!なんかいいことありそうでしょ?そうなんです,定価の15%引きなんですよ.実技のセットと学科一般分野のセット,専門分野のセットがあります.もし複数の購入を考えてるようでしたら,こちらいかがですか.もちろん,これまで通り一つ一つのバラ売りもしていますよ.

IMG_9541IMG_9544

<2018年1月6日,7日は実技模試6時間徹底攻略講座>

現在作成中の最新の模擬試験(気象予報士模擬試験12)実技2科目を利用して,徹底的に実技の勉強をする講座です.実技模試1科目(75分)を受験後,私の60分間の解説,その後,実技模試2科目め(75分)を受験していただき,また私の60分間の解説…っていう地獄のような内容です.

本番の3週間前ぐらいの2018年1月6日(土),7日(日)に開催されます.まさに本番前の腕試し!で,もし撃沈してもまだ3週間ありますから,もう一度出来なかった所を復習する時間もあります.

eラーニング+模擬試験! ぜひ試してみてください.

ちなみに,第49回気象予報士試験が行われる2018年1月末まで,送料無料キャンペーン中です!送料もバカにならないですからね.ぜひこの機会にご利用下さい.

2017年11月30日~天気はコロコロ変わる~   合同会社てんコロ.
カテゴリー:ラジオっぽいTV!, 天気の話題