台風第21号,多摩川と仙川の増水


RSM_17_1023_1330台風第21号がこんな時期にやってきて,大変でしたね.無事に過ごされましたでしょうか?

気象庁の進路予想図は,結構前から概ねこのコースを通るという予想になっていましたね.しかし,あの勢いで来られると本当に危ないですし,この時期は前線が停滞していますから,台風が近づく前からかなり雨量がかさんでいました.主に関東地方の雨と多摩川の増水と,うちの前の仙川の増水について見てみます.

SPAS_17_1022_0900 SPAS_17_1023_0300

台風第21号は23日午前3時頃に御前崎市付近に上陸しました.本州南岸には前線が横たわっており,台風が近づく前から広い範囲で雨が降っていました.下の図は,22日朝9時のレーダーエコー合成図です.そのレーダーエコーに22日朝9時の速報天気図を重ねてみると,エコーは前線の北側に帯状に広く分布していることが分かります.

RSM_17_1022_0900eko- RSM_17_1022_0900

可視画像で見ると,幅広の層状性の雲域と前線近傍では表面がボコボコとした雲域があります.それにしても広い…

SAT_R_17_1022_0900

これで,紀伊半島では新宮で48時間で888.5ミリ,尾鷲では795.5ミリの大変な大雨になりました.そして,もちろん関東地方も結構な雨量になりました.

RSM_17_1023_0900関東レーアメ24時間

↑23日朝9時までの24時間積算レーダーアメダス解析雨量(真っ赤で申し訳ない)

ちょっとスケールを間違えちゃって真っ赤になったけど,要するに広い範囲でこの24時間に100ミリ以上降って,特に関東平野のど真ん中あたりにどす赤い色がありますが,この辺は200ミリ以上の領域です.東京ではこの2日間で189ミリ,八王子で330ミリ,てんコロ.オフィスのある世田谷は236.5ミリ降りました.これだけ降ると,川も増水します.京浜河川事務所のリアルタイム情報でライブカメラを見たところ,

2 1

例えばこんな感じ.私も普段走る所なんですが,平常時は河川敷に道があって,なんか小屋が見えますよね.それが,今朝,増水してこの感じです.河川敷の道は完全に水没して,小屋も水に浸かっています.

6 5

遠くから引きで見ても,普段の多摩川と全く違う様子が分かります.コワイですね.やはり,長い時間かけて,たっぷりの降水があると,このような大規模河川も溢れそうになるのですね.これで,多摩川では今朝「氾濫警戒情報」が出ました.22日の昼頃から,すでに河川敷の縁まで迫るほどの水位になっていましたから,私ももちろん避難の準備をしておきました.

<うちの前の仙川>

うちの前には仙川という川が流れています.そんなに小さい川ではありませんが,多摩川ほどデカくもありません.普段は,鯉の背びれが出ちゃうほどの水位しかないような川です.

IMG_5982普段のうちの前の仙川

22日から23日朝にかけて,世田谷でも雨が降り続きました.世田谷のアメダスと仙川の水位の変化を併せて見てみると

世田谷雨量と仙川

一日中雨が降っていたけど,強さとしては時間18.5ミリが最大だった22日.仙川の水位は上がっていますが,その上昇はなだらかで,22日の夕方までに水位は60cmほど上昇しました.その後,夜には雨が一旦弱まるのに従って,水位も少し下がりましたが,日付が変わって未明頃までは,降り方が強まり(最大で時間39ミリ)だすと,水位の上昇は前日の上昇の仕方よりも急になっています.まあ,当たり前ですけど,大きな河川ではないので,短時間の強い雨で急に水位が上昇します.もう少し細かい時間で見てみると

世田谷雨量と仙川10分値それで,この感じに→IMG_3875仙川23日1時過ぎ

23日0時~3時までの3時間を,10分単位で同様に降水量と川の水位の変化を見てみると,10分で7~8ミリの強さの雨が降ると,水位は10分間で10~20cmも上昇しています.それで写真のような状況になりました.鯉はどうしてるだろう…,これでも水位としては中ぐらいで,まだ危険な水位ではありません.でも,見た目はかなり強風ですよね.そして,時間雨量がもっと多かったら,水位の上昇もこれよりさらに急激で,短い時間に危険な水位になるということです.改めて,大規模な河川の増水の仕方と小規模な河川の増水の仕方の違いを考えさせられましたし,今回は時間雨量がそれほど多くならなかったけど,広い範囲で長時間の大雨になったことで,仙川ぐらいの川は溢れることなく,ちゃんと多摩川へ注ぎ,代わりに多摩川は朝にかけてぐいぐい水位が上昇してきたことが分かりました.なるほどねー.まずは,この地域に時間40ミリ~50ミリの雨が降ると,それで1mぐらいの水位上昇がある,ってことを一つの目安として今後も見てみようと思います.

2017年10月23日~天気はコロコロ変わる~   合同会社てんコロ.
カテゴリー:天気の話題, 新着情報