島根県に特別警報,洪水警報の危険度分布


MSM_17_0705_0600

昨日の夜から朝6時までの積算雨量の解析,停滞する前線の南側に東西方向にずっと同じような所に雨が続いているもよう.島根県に特別警報が出てるけど,広島県にも12時間で250~300ミリ近くの雨が降ってるラインがかかってます.

MSM_17_0705_0615そして,今もこのラインで強い雨が降り続いてます.

MSM_17_0705_0600925MSM_17_0705_0600流線

MSMの朝6時の予想ですが,925hPaでは345K以上の高相当温位の空気が15m/s前後の風で前線の南側に流れこんでいて,上空(ウィンドプロファイラ観測)は西~西北西の風が揃っていて上空ほど強く,線状に降水帯を形成し易い状況で続いてきました.そして,その北側の相当温位線集中帯付近は,地上の風の収束エリアです.

この後も,昼前ぐらいまでは強弱を繰り返しながらこの周辺で雨が続きます.中でも降水の中心は段々と広島寄り特別警報も出ています.警戒してください.こ

気象庁のHPでは洪水の危険度分布っていうのが見られるようになりました.この周辺は既に,極めて危険なエリアが拡大してきています.floodmesh_201707050610

かなり拡大して見ることができます.この後も,同じような所で降り続く,という中でもだんだんと広島のほうもさらに警戒しなければいけない状況になってきます.今,まだ大丈夫でも,これを見られたら,拡大して自分がいる所の川の状況を確認してみてください.

2017年7月5日~天気はコロコロ変わる~   合同会社てんコロ.
カテゴリー:天気の話題, 新着情報