東京タラレバ予報士


「東京タラレバ娘」,ドラマ終わっちゃいましたねー!結構ハマってたんですよー,一週間の楽しみというか,これがロスってやつか(>_<)!それはさておき,「タラレバ」言ってる天気予報をたまに聞くのですが,それってどうなんでしょうか?

予想より気温が下がっタラ…,降水量が多くなっタラ…,低気圧が予想より近くを通レバ…,平野部でも雪になる可能性があります!みたいな(・∀・)

天気予報はあくまでも「予想」であって断言はできない,というのは分かります.でも,だからと言って何の根拠もない「もしこうなっタラ」「もしこうなレバ」って,複数のシナリオを予報として出しちゃうのはダメじゃないですか?気象庁だって天気予報って言って,一つの予報しか出しませんよね,当たり前ですけど.その時点で,最も確からしい予報を一つ出すってのが「天気予報」であって,その天気予報で情報を受け取った側は対策を取るんです.もう一つ別のシナリオを出すのは,根拠があって,防災上危険な場合だけです.

そこが最低限守られてなければ,「もし明日隕石が落ちてきタラ…」って言ってるのと同じことですよ.天気予報って,そういうものですか?

<気象専門STREAM. お天気sketch!「東京タラレバ予報士」>

 

2017年3月26日~天気はコロコロ変わる~   合同会社てんコロ.
カテゴリー:天気の話題, 気象予報士の仕事