可視画像に穴ぼこが…


SAT_S_17_0206_0800

朝8時に赤外画像見たら,秋田沖のクロワッサンみたいな雲と朝鮮半島の東から山陰沖にのびる注連縄のような雲が白く発達しているようで,ぞわぞわしました.

RSM_17_0206_0900日本海の低気圧に伴う雲域と,北風と西北西風との間で明瞭な地上のシア付近の雲域です.さらに時間が経過して,9時45分.↓太陽光がビシッと当たってきたから分かる,輝く雲域にドン引きです.

SAT_R_17_0206_0945

日本海の低気圧の中心付近は穴ぼこが空いたようになっています.秋田付近に到達するようです.日本海の高波はもちろんのこと,山形県,新潟県の下越方面では低気圧の南を回って吹きこむ南寄りから西寄りの暴風に要注意です.さらに昼過ぎからは北寄りに変わって,これまた強風なので気が抜けません.また,低気圧が陸地に達して不明瞭になったあと,明日にかけては寒気が流れ込んできます.そうしたら東北地方の日本海側山沿いでは,また積雪がゴソゴソ増えていきますから,これも注意していかなければなりません.

注連縄のような地上シアのほうは,現在は山陰沖からのびて鳥取や兵庫県日本海側の沿岸部に達し,そこで雨やアラレを降らせています.

MSM_17_0206_2100

上の図はMSMの今夜21時の925hPa風・気温の予想に21時までの12時間積算降水量の予想を重ねた図です.地上付近のシアは夜にかけて次第に南下し,夕方には山陰地方にべたっと達して不明瞭になります.そこで寒気も流れ込んできますから,近畿北部から山陰の山沿いでは今夜はまた積雪が増えるので注意です.明日朝までの短い時間のことだけなのですが,目まぐるしく変化していきますね.

2017年2月6日~天気はコロコロ変わる~   合同会社てんコロ.
カテゴリー:新着情報